漫画家 森永あいさん死去!体調を崩した原因は?山田太郎議員もビックリ?

 

「アイドル的漫画」のタッチが魅力的だった漫画家「森永あい」さんが2019年8月2日に
「体調不良」により亡くなっていたことが同月9日に分かりました。

訃報の一方は、大手漫画出版社「講談社」が発行しているコミック誌「フレンド」の別冊サイト
「別冊フレンド」にて発表されました。

 

引用元【ツイッター(別冊フレンド編集部)】

 

一方後は各メディア、ブログなどで取上げられ広く知れ渡って行きましたが、お亡くなりに
なられた原因「体調を崩して?」とのことに「戸惑うファン」や「正確な原因」を気にする
ネット住民達など多数現れ、その「謎」を追求する「森永あい」さんファンが多くいるようです。

また、何故「7日後」の発表だったのか?と疑問視する方も居るようですが、こちらは全ての
葬儀の「営み」を終えた時点での発表だった!と思うのが一般でしょう?

なので発表もされてはいませんが、今後の「お別れ会」や「偲ぶ会」等は執り行われない
可能性が高いと思われいます。

ご本人が「謎多い漫画家?」だっただけに情報が少なく、ファン達からもある意味本当に
「偲ぶ」ことしかできない!と悔やまれるようなコメントが多数寄せられています。

本当に貴重な漫画家を、また一人失ってしまいました。

「体調を崩した」原因で、季節的に一番考えられるのが「熱中症」でそれを疑う方々が
たくさんいるようですが、私も「熱中症」の可能性が高いと思います。

漫画家は「デスクワーク」ですので室内に居る時間が長く、もし制作途中だったのなら
尚更病気に陥りやすく「熱中症」になるリスクは高いと思います。

また一部の情報では「急死」だった可能性があり「脳梗塞」や「心臓病」が原因では?との
声も伝えられていました。

しかし、情報があまりにも少ないので制作途中なのか?療養中だったのか?自宅なのか?
会社なのか?サッパリ分かりませんので「正確な発表」がなされなければ何も分からず終いと
なってしまいます。

ファンのためにも関係者の方にはもう少し説明して頂きたいものですね!

さらに「謎多い漫画家?」だった為「年齢不詳」の部分もあり、いったい?何歳でお亡くなりに
なられたのか?との声も多数寄せられています。

ツイッターでは↓↓↓

引用元【ツイッター(まなすん)】

 

「38歳」とのコメントがあり、今年が2019年なので1981年生まれとなります。

しかし「森永あい」さんが漫画家としてプロデビューした年代は1993年で「11年目の女神」
を世に送りました。

なので、もし故38歳ならプロデビューを果たした年齢は「12歳」となることから38歳説は
あり得ないと思われいます。

またファンの方からの「ツイッター」情報でもこのようなコメントがあります↓↓↓

引用元【ツイッター(くり)】

 

確かに漫画家としての「才能溢れた子供達」は多く存在しているとは思いますが、今までに
雑誌に連載している漫画家と呼ばれる子供達はいますが、全ては「既存の漫画」に習った
作品ばかり多く視られ「プロ」としての個性的・発想的要素が多い漫画は無いと思います。

なので「天才漫画家」森永あいさんでも「12歳」でのプロデビュー説はあり得ない話です。

一番信憑性のあるコメントとして↓↓↓

引用元【ツイッター(けろりん@No Messiah No Life)】

 

こちらでは「40代以上」と紹介されていますが、一番「妥当な年齢」だと予想されいます。

さらにプロデビュー前にペンネーム「森永グリ子」で同人作家として活動されておりましたが、
その作品の中で1991年に「大学の卒業証書をもらった」と記されていました。

つまり1991年代は21~22歳で、そこから故年齢を見ると49~50歳となります。

また今回の逝去を伝えたメディアを見ると殆どが「早過ぎる訃報」と報じているので、そこから
見ても「50代での早過ぎる逝去」だと予想されます。

いずれにしても人気漫画家が「早過ぎる旅立ち」であることに変わりなく本当に残念な訃報です。

 

スポンサードリンク

 

◇ 参議院議員「山田太郎」氏もビックリ?

 

「森永あい」さんの代表作と言えば「山田太郎ものがたり」「極楽青春ホッケー部」「僕と
彼女の×××」などがあります。

 

 

特に「山田太郎ものがたり」は大手出版社「角川書店」の月刊誌「Asuka」に連載され、さらに
その人気から「コミック本」となって全15巻+番外編1巻、出版されました。

また2007年にはTBS系列の番組で「ドラマ化」され、出演にジャニーズの「二宮和也」氏
「櫻井翔」の超人気アイドルを抜擢し人気に拍車をかけていました。

 

 

またその人気は海外(台湾)にも波及し、海外用にドラマ化され放送されていたそうです。

そこまでは輝かしい「経歴」でよくある話なのですが、なぜ参議院議員の「山田太郎」代議士の
名前が出来てたのか?というと・・・

実は山田太郎代議士は大の「漫画が好きのヲタク」として有名で、この度の訃報にコメントを
出しております↓↓↓

引用元【ツイッター(山田太郎 ?(参議院議員・全国比例)3日目西し35)】

 

つまり漫画の原作「山田太郎ものがたり」の題名と自身の名が「同じ」であることを強調し、
「ヲタク政治化」としてファンの皆さんと一緒に追悼したのでしょう?

但し、ご本人の思いとは裏腹に本家のファン達からは↓↓↓

 

 

 

結構「手厳しい」コメントも多数寄せられているようです。

やはり「票集め」のための「人気取り」は、いずれ自身の「命取り」になるのかも?ですね!

 

 

■ 森永あいプロフィール

本名
森永あい
読み
もりなが あい
生年月日
19??年4月28日
仕事
元漫画家
出身地
岡山県
所属事務所
血液型
O型

 

 

スポンサードリンク