アントニオ猪木妻田鶴子さん死去!コーラルゼット副社長?歴代妻たち?

「燃える闘魂」でお馴染みの元プロレスラーで国会議員であった「アントニオ猪木」氏の妻
「田鶴子」さんが2019年8月27日の未明にお亡くなりになられました。

 

引用元【ツイッター(アントニオ猪木)】

 

情報元は「アントニオ猪木」氏自らが管理している「公式ツイッター」での発表によるもので
お亡くなりになられた詳細については一切分かっておりません。

また「故人の遺志」との事で今後の葬儀・告別式等は「家族葬」で営むとの事です。

尚「弔問・香典・供花」等はご辞退頂くよう願い出ております。

田鶴子さんはアントニオ猪木氏の「4人目」の奥様で、主にアントニオ猪木の「マネジメント」
業務を扱っている会社「コーラルゼット社」の副社長として在任しておりました。

この会社は主に「アントニオ猪木」氏のマネジメント業務を取り扱っている他にスポーツ選手や
タレント人のマネジメント業務にも参入しており「商標権や著作権」の管理、「意匠権等の
取得」、「使用許諾及び管理業務」なども手がけ幅広いニーズにあった業務を担当する会社で
あったそうです。

田鶴子さんはアントニオ猪木氏と「16歳」も離れた「年下女房」で生前はアントニオ猪木氏の
身の回りの世話や管理業務、以前国会議員で活動していた時にはアントニオ猪木氏と交流が
深かった「北朝鮮」へも動向したことがあるそうです。

結婚したのは2017年頃だったそうで、約2年の短い結婚生活で自身が本職としていた
「カメラマン」の仕事に終止符を打ったようです。

カメラマンになった経緯としては、大学時代に「写真」を学んでいたそうで、ご卒業後には
民放のテレビ局関連会社に入社し「カメラマン」としてご活躍されていたそうです。

アントニオ猪木氏との出会いは1990年、まだプロレスラー人生「現役」バリバリだった頃に
彼からの誘いで「専属カメラマン」の依頼を引き受け、2001年にアントニオ猪木氏の
「写真集」を出版しました。

 

 

「若かりし」アントニオ猪木氏のお姿が多数掲載されております。

どのくらい出版され、どのくらいの売り上げがあったのかは定かではありませんが、
アントニオ猪木氏の「闘魂ぶり」が一番映し出されている!として当時話題になっていた
記憶があります。

その後2007年(平成19年)3月にアントニオ猪木氏自らが社長を務めて結成されたプロレス
団体「イノキ・ゲノム・フェデレーション」の役員に主任した経験もあるそうです。

アントニオ猪木氏がプロレスラー人生から引退をし、さらに2019年6月に行われた
「第25回参議院議員通常選挙」には出馬をせずに、政治界も「引退」をし婦人の
「田鶴子」さんと静かな人生を送っていたと思われていた矢先の「訃報」でした。

田鶴子さんがお亡くなりになられた「原因」は一切明らかにされず、関係者やファン達から
「詳しい内容」が知りたがっているのですが、全く分からず終いの状況です。

ただメディア報道では田鶴子さんは「数か月前から体調を崩し入院をしていた」と伝えられ、
さらに「入院先の病院からアントニオ猪木氏出演のCM「ソフトバンク「ギガ王」のスチール
撮影に出向いていた」との報道があるので「体調不良で入院」していたことは事実のようです。

また生前、関係者に対し「私にもし万が一のことがあり「葬式」とかがあっても猪木の
スケジュールを変更しないで。お仕事に迷惑はかけないでください」との「遺言」を言葉で
伝えていたそうなので「万が一」を実感している事を鑑みると「重い病」を患っていた
可能性も「無きにしも非ず」ですね。

生前は一人で何でも熟し、アントニオ猪木氏ファーストで周りの面倒を見てきた
「田鶴子」さんらしい「最後のお言葉」だったようですね。

生前のご活躍に感謝すると共に、ご冥福をお祈り申し上げます。

 

スポンサードリンク

 

◇ アントニオ猪木氏の歴代妻達とは?

 

 

田鶴子さんはアントニオ猪木氏の4番目の奥様として有名でした。

では「歴代妻」達はどのような人物だったのでしょうか?

まず一人目は1964年にアメリカ修行中に出会った「現地の女性リンダ」さんです。

二人の間には「一児」が授かりましたが「リンダ」さんが死去し離婚となったそうです。

そして二人目が日本女優人の中でもスターであった「倍賞美津子」さんとの結婚です。

 

 

当時(1971)一般庶民からは想像もつかない「一億円の結婚式」を挙げると話題になり
連日テレビ番組・報道・新聞を騒がしていたことを今でも鮮明に記憶しております。

しかし1987年に「約16年間」の結婚生活に別れを告げ離婚をします。

その後三人目となる女性と1989年に結婚しましたが「22歳の年下女房」であったことで
性格の不一致や格差のズレが生じたのか?あえなく離婚しました。

そして四番目の妻であったのが「橋本田鶴子」さんでしたが、死因非公開のまま帰らぬ人と
なってしまいました。

なので今後「離婚」するのか?どうか?は分かりませんが、できれば今までのご苦労を
ねぎらって「離婚」はせずに一緒に最後まで人生を全うして頂きたいものですね!

 

 

スポンサードリンク