三原舞依体調不調でアイスショー欠場!難病の関節炎悪化?激痩せに心配の声

 

女子フィギュアスケーターの「三原舞依」さんが体調不良のため出場予定だったアイスショー
「THE ICE 2019」27日~大阪公演を「欠場」することが主催公式サイトで
発表されました。

 

引用元【インスタグラム(sysmex_figureskatingteam)】

 

以降2019年7月30~新潟公演、同年8月3~名古屋公演と続きますが、そちらも
欠場するか?は発表されておりません。

このイベントには2019年世界選手権金メダリストのアメリカ「ネイサン・チェン」選手や
ロシア「アリーナ・ザギトワ」選手も出場予定なので、欠場が決まりご本人は相当残念に
思っていることでしょう。

公式サイトでは以下のように発表されております↓↓↓

引用元【サイト(THE ICE)】

 

欠場理由を「体調不良」とだけ記されていることで、三原舞依さんのファンやアイススケート
ファン達から心配の声が多数寄せられております。

三原舞依さんは以前「年性特発性関節炎」と言う難病を発症したことがあり、二週間程度の
入院でスケートに復帰しておりましたが、その病が再発したのでは?と心配されています。

「年性特発性関節炎」はリウマチの一種で、発症すると手足の関節に強烈な痛みを伴い、
動かすことが困難になるため「立座り」さらに「歩行」すらできなくなります。

「原因不明」の難病なのですが、関節炎の中でも「高熱」が出るのが特徴で体のあちらこちらに
「発疹」が出る場合もあります。

私も持病で「痛風」を持っているのですが?患部の傷み具合は「痛風」に勝るほどの激痛が
起こると言われているので、三原舞依さんもこの病に侵された時は相当苦しめられたと
想像がつきます。

またこの病には「全身型」と「部分型」があるのですが、「全身型」だと約一か月の治療を要し
「部分型」だと2~4週間程度治療が必要と言われているので三原舞依さんが発症したのは
「部分型の関節炎」の可能性が高いです。

詳しいことは一切発表されていないので、あくまでも想像の域ですが・・・?

三原舞依さんの場合は病院退院後に「車いす生活」を送っていたそうなので、痛みが完全に
収まるまでは「一か月」くらいかかったと思われます。

それでも「復帰」してスケート界に戻り、その後の試合では「優勝」を何度も果たしており、
「根性のある」女性の姿を披露してくれてました。

しかも「優勝」を飾った試合の殆どは、フリーでの「ノーミス」が大きな決めとなっていたので
「精神力」の強さも見せてくれました。

もし再発が原因による体調不良なら、またしばらくは動けなくなると思うので、十分な休養とり
しっかり痛みを治してからまた元気な姿が見たいものです。

他が原因なら一先ずは安心!ってところでしょうか?

まだ若いのでそれほど心配する必要はないと思いますが「リウマチ」は難病の一つなので
油断すると「臓器の機能障害」が伴ったりさらに悪化すると「危篤」になる恐れがあるので
本当にしっかりと治してからまた復帰して頂きたいです。

ファン達からは「心配」と「お見舞い」のコメントが寄せられております↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

◇ 三原舞依さんが激痩せした?

 

三原舞依さんは難病「若年性特発性関節炎」を克服しスケート界に復帰したのですが、
その後次第に「痩せていった」ことがファン達から心配されていました。

多分ジャンプの精度を上げるために減量中なのか?あるいは演技構成に減量が必要だったのか?
色々と想像はできますが、理由は分かっていません。

以前の舞依さんは↓↓↓

引用元【インスタグラム(sportsnavi_figure)】

 

最近の舞依さんは↓↓↓

引用元【インスタグラム(sportsnavi_figure)】

 

私はそんなに激痩せしたとは思えませんが、三原舞依さんのファン達が心配しているので
激痩せしたことに間違いないのでしょう?

元々体格は身長156cmの「小柄」なイメージがあるスケーターですので、少しの変化が
大きく見えるのかも?知れないですね。

ただ競技中は別人のように素晴らしい演技やスケーティング、更に大人の表情を見せるので、
身長156cmの「小柄」選手とは思えないですよね!

激痩せを心配するファン達の声です↓↓↓

 

 

 

 

■ 三原舞依プロフィール

本名
三原舞依
読み
みはら まい
生年月日
1999年8月22日
仕事
女性フィギュアスケーター
出身地
兵庫県神戸市
所属事務所
シスメックス
血液型
A型

 

 

スポンサードリンク