仁支川峰子甲状腺ガンで医療ミス?ベッキー事件とは?毒牙に係った芸能人?

日本を代表する「演歌歌手」で「大物女優」である「仁支川峰子」さんが2010年3月に
「甲状腺ガン」を発症し治療を行っていたことが分かり話題になっています

 

引用元【インスタグラム(nekotaicho214)】

 

仁支川峰子さんは芸能界の「女狐」と私は勝手に読んでいるのですが、とにかくお騒がせの
女性歌手であり女優さんで、常にメディアを賑わし「ネタ」の尽きることのない女性でした。

芸能関係者の間では「ネタ」がなくなったら「仁支川」のもとに行け!と呼ばれる程、今で言う
「破天荒」な女優さんでした。

しかし女性演歌歌手としては超一流で歌手デビュー曲で自身の代表曲「あなたにあげる」や
「初めてのひと」「東京ラブ・コール」などの曲で、昭和を代表する「女性演歌歌手」として
主に高齢者に広く知られています。

また女優としても活躍しており、特に時代劇をメインに「桃太郎侍」「暴れん坊将軍」「鬼平
犯科帳」、さらに近代ドラマでは「土曜ワイド劇場」「火曜サスペンス劇場」などに出演し
40~50代世代(中年層)にも人気のある女優さんです。

さらに私が一番インパクトを受けたのが当時演歌歌手では初だと思いますが1993年に
「ヘアーヌート”」写真集を発売し、さらに1997年にも二作目となる写真集を出しました。

当時は確かに「ヘアーヌート”」がブームの時代で「樋口可南子」さんや「宮沢りえ」さん等の
「女優」さん達が挙って写真集を出す中「演歌歌手」として写真集を出したのは仁支川峰子さん
ただ一人ではないでしょうか?

 

 

なので、とにかく「破天荒」な演歌歌手の女優さんだったので「世」の男性ファンを虜にし
芸能関係からは「一目置かれる」存在でした。

そんな仁支川峰子さんも「令和」を迎え現在のご年齢は61歳。

体に「ガタ」が来てもおかしくない年齢ですが、寄りによって「ガン」を発症してしまった
ようです。

症状が発症したのは舞台の公演中に突然、声が詰まり歌い難くなったことでおかしく感じ、
喉の中に不快さを感じるようになり、外傷では「プチトマト」程度の大きさの「腫れ」が
確認できるようになったそうです。

その後も体調に変化が起き始め「激痩せ」「極度の疲労感」「突然の失禁」などがあり、
さらに外傷で確認していた「腫れ」も日に日に大きく拡大していたものの「脂肪の塊」程度に
思っていたらしく、特に処置もせずに放っておいたそうです。

一か月後くらに「食事会」があったそうで、その席にいた「医師」に喉にできていた
外傷部の「腫れ」を見せたところ、直ぐに病院へ行くように勧められ、紹介を繰り返しながら
「甲状腺ガン」を得意としている有名な大学病院に辿りつき検査を行った結果、正式に
「甲状腺ガン」であることを告げられたそうです。

検査の結果「悪性」ではなく進行も遅いガンと示されたことから、続けていた仕事が終えるまで
しばらく様子を見ながら生活していたそうです。

その後実際に病院に入り手術を受け「数日程度」で帰れるだろうと思っていたそうですが、
「術後の夕方」急に患部が腫れ上がり、麻酔が効いていたらしく痛みは感じなかったそうで、
担当医が来て患部を抜糸したところ、血液が飛び出したそうです。

そのため「術後の夜」急遽「緊急手術」を受けることになり再手術によってその場は
落ち着いたようですが、更なる手術で二度の麻酔を受けたことで体の痺れが増し、身動きが
取れない時間が伸びたようです。

その間「息が止まる」感じを何度も受け「必死に耐え抜いて」はいたものの、声も出ず
身体も動かず、顔の表情で伝えることすら困難な状態が続いたらしく「生きた心地」が
しなかったそうです。

結局その後数日間「麻酔」が効いている状態が続いたらしく、「息が止まる」感じを何度も
繰り返し「もう死ぬ!」と思った瞬間が10回あったそうです。

しかし、あまりの苦しみで自身の思いとは関係なく「口」が微妙に動き「麻酔が強い」ことが
一人の医師へ伝わったらしく、麻酔が早く取れる薬を投与された後に喉を動かすことが
できるようになり「軽く咳が打てる」ようになったそうです。

つまり麻酔が効き過ぎて筋肉が動かず、痛みは緩和されていたものの、ご本人が喉の状態を
確認することができない時間が長く続いていたのです。

その後は症状も落ち着いて順調に回復に向かい、二週間程度で退院できたそうです。

後から「極秘」で聞いた話によると最初の手術の際、出血があるものの患部が分からず
「止血処置」を行わないまま閉じたそうです。

それが後に喉内で「出血」し始め腫れ上り、抜糸した途端溜まった血液が勢いよく飛び出し、
二回目の手術でようやく出血部分の処置を行ったそうです。

ただ仁支川峰子さんらしいと言えばそれまでなのですが、手術前に担当医師に↓↓↓

私、声が出ないと困るから、絶対に声は奪わないでくださいよ。先生の責任ですからね。きっちりやってください!

 

相当なプレッシャーを担当医師にかけていたようです。笑;

ちなみに後にそれを看護師さんに伝え「笑い話」となったみたいですね♪

ところが術後、声の伸びが非常に良くなったらしく「不幸中の幸い」と喜んだそうです。

本来であればこのような「医療ミス」と思われた行為を公の場で公表するものではないと
思っているそうですが「医療の現場ではこういうことがあるんですよ」と分かって欲しく
さらに「誤量の麻酔」で病院側から受けた「死にそうにまで苦しんだ事実」を発信する
「使命」を感じたらしく、公開に至ったようです。

流石です!仁支川峰子さんには適いません・・・脱帽。。

 

スポンサードリンク

 

◇ 仁支川峰子さんとベッキーの関係?事件って?

 

仁支川峰子さんは芸歴も長く、芸能界では大物女優として恐れられる?存在となっていますが
最近では映画・ドラマ・舞台以外に「情報番組」や「バラエティー番組」などに出演し
「タレント」としての活動が目立ってきているのですが、それと同時に「トーク量」も増え
以前共演した芸能人に関し「毒舌」することが増え始め、あまりにも「危険な事情」までも
トークすることがあるため「生番組」への出演は「要危険人物」として扱われるように
なっているそうです。

そんな中、以前「新幹線」でタレントの「ベッキー」に出会い、芸能人同士での指定席が
理由だと思いますが、どうも「隣席」同士になったらしくその際に仁支川峰子さんを立てずに
座ったことに腹が立ったそうで、以後その事を根に持ち「あちらこちら」でベッキーの悪口を
話していたそうです。

 

引用元【インスタグラム(becky_dayo)】

 

ちょうどベッキーも「ゲス問題」で落ち目になっていた時期で、それに「追い打ち」を
かけるかのように仁支川峰子さんが騒いだことで更に印象が悪くなり「傷口が広がり」
いっそう世間から「冷たい目」で見られていました。

今ではベッキーも復活の兆しが見え始め芸能界で頑張っていますが、この事件?依頼
ネット住民からは二人の間に「不仲説」が伝えられるようになっています。

 

スポンサードリンク

 

◇ 仁支川峰子さんの毒牙にかかった芸能人達?

 

仁支川峰子さんは芸能界でも大御所クラスになっているので、その発言には相当な力があり、
まして「毒舌」された芸能人は否応なしに注目が集まります。

最近のバラエティー番組内でのトークは「過激な発言」があっても「楽しけりゃ良いや」の
風潮が広がっており、生番組でも堂々と「放送ギリギリ発言」を放ったりしています。

 

引用元【インスタグラム(honmakasumi)】

 

そんな中、仁支川峰子さんがバラエティー番組への出演数が増えるとトークが弾むようになり
「禁句」や「爆弾発言」さらに「毒舌」を吐くようになってしまい、それを面白く捉える
番組が増えていることから、さらに歯止めが効かず仁支川峰子さんの暴走が続いています。

もちろんご本人のお名前を直に話すことが少なく「イニシャル」を使って説明はするものの
ほとんどの場合「話の流れ」で誰なのかは分かってしまいます。

その毒牙にかかった芸能人を「一部」ご紹介すると↓↓↓

◇ 朝丘雪路さん ⇒ 篠原ともえさんをイジメた!
◇ 川島なお美さん⇒ 人によって態度を凶変する女!
◇ 三田佳子さん ⇒ メイク時間が長く遅刻魔、自己中で子育て失敗!
◇ 藤原紀香さん ⇒ 演技が下手で仕事が少ない!
◇ 島田陽子さん ⇒ 東ちずるをさんをイジメた!
◇ はるな愛さん ⇒ 売れるまで面倒を見てあげたのにその後連絡がこない!
◇ 遠野なぎこさん⇒ 昔助けてあげたのにその後連絡がこない!

 

もう「レパートリ」があり過ぎて困っちゃいます。笑;

「芸歴」が長いのでたくさんの「ご経験」があるのは分かりますが、ある意味間違った
「ご経験」の使い方をしているのでは・・・と言いたくなるほどの暴走ぶりです。

ただ出演する番組も悪く、乗り始めたら止めることなくドンドン勝手に発言させるので、
「毒舌」がエスカレートするのです。

もちろん、どこまでが「真実」か?疑問視されるのは当然なのですが、何せ相手が大物!
反論するのは厳しく、もし間違った暴露でも「寝が入り」するしかないでしょうね!

その意味でもやはり番組で抑えてあげることが重要だと私は思います・・・が、止めた方の
その後の保証は一切ありませんがね・・・笑;

 

 

■ 仁支川峰子プロフィール

本名
福田 峰子
読み
ふくだ みねこ
生年月日
1958年5月23日
仕事
演歌歌手・女優
出身地
福岡県
所属事務所
ミネファンタジー
血液型
A型

 

 

スポンサードリンク

 

 

白血病岡村孝子一時退院!経歴は?元旦那は石井で離婚原因は?娘さんは今?

1982年頃、突如音楽界に現れ「まつわ」の楽曲で「ミリオンセラー」を記録し、当時では
珍しかった女性二人組デュオ「あみん」で活躍されていた「岡村孝子」さんが「白血病」で
入院している病院先から「一時帰宅」が許され、その思いを自身の公式インスタグラムで公開し
話題になっています。

 

引用元【インスタグラム(okamuratakako_official)】

 

岡村孝子さんは大学生時代に同級生であった「加藤晴子」さんと1982年に女性デュオ
「あみん」を結成し、自身ら初の「レコードデビュー」を飾った楽曲「まつわ」が大ヒット!

その後二人の歌手としての「考え方」や「人生観」の違いから「あみん」を休止。

岡村孝子さんは単独(ソロ)で活動を開始し、1987年に自身が作詞・作曲を務めた楽曲
「夢をあきらめないで」が同時の「応援ソング」として大ヒット!

プライベートでは元プロ野球読売ジャイアンツの選手だった「石井浩郎」氏と結婚し「長女」に
恵まれるものの2003年に「6年間」の結婚生活にピリオド(離婚)しました。

その後も「熱狂的ファン」の支えもあり「ソロ活動」を続け、エッセイ「Happyをさがして」を
発刊し「執筆活動」なども熟したり、自身の憧れであった男性シンガーソングライターの
「さだまさし」氏と共演し、さらにコラボレートして楽曲を手がけたりして「順風満帆」な
人生を歩んでおりました。

しかし2019年4月に体調不調のため病院で検査したところ「急性白血病」と診断が下り
止む無く長期休養を取り「闘病生活」を送っていましたがこの度、一時帰宅(退院)が許され
それをご自身のインスタグラムで公表し「今の気持ち」を伝えたようです。

 

引用元【インスタグラム(okamuratakako_official)】

 

その内容は↓↓↓

みなさん、お元気ですか?大変ご無沙汰しています。岡村孝子です。美味しいものを食べたり、散歩したり一時退院中です。ひと山、ふた山乗り越えてやっと今日までたどり着きました。まだまだ、乗り越えなければいけないことがたくさんありますが・・・。 久しぶりにお家に戻って、リスナーのみなさんから頂いたお便りやメッセージ、やっと目を通すことができました。ありがとね・・・。どんな時も、一人きりじゃない・・・そんなあたたかい気持ちが崩れそうな私を支えてくれています。頑張らねば・・・
引用元【インスタグラム(okamuratakako_official)】

 

とても「文字」に力が満ちているように感じられ「体調」も良さそうな雰囲気が伝わる
コメントが書かれています。

ただ「乗り越えなければいけないことがたくさんありますが」と更なる治療が待ち構えて?
いることも説明され、やはり「白血病」は一筋縄では行かない病気であることも明かして
いますね!

最近では女子水泳界の「池江璃花子」選手も突然の「白血病発覚」によって闘病生活が
余儀なくされていますが、同じように岡村孝子さんも頑張っていらっしゃるようです。

 

引用元【ツイッター(池江 璃花子)】

 

取りあえずは一時退院できるまで順調に「回復」しているようなので一安心です♪

そんな岡村孝子さんについて少し調べてみました。

 

 

スポンサードリンク

 

◇ 岡村孝子さんの経歴は?

 

岡村孝子さんは愛知県岡崎市出身の57歳(2019年)です。

岡崎市の「西本郷町」で生まれ育ち、学生時代は全て(小中高)地元の学校に通われておりました。

その後、岡山県立岡崎北高等学校を卒業したものの1年間「浪人」し愛知県名古屋市にある
「椙山女学園大学」に進学し同級生だった「加藤晴子」さんと「運命的出会い」を果たします。

元々「作詞・作曲」好きだった岡村孝子さんが「加藤晴子」さんに自作の楽曲を聞かせたところ
気に入ってくれたそうで、そこから二人の「音楽人生」がスタートしたようです。

 

 

「女性デュオ」を結成することになったのは良かったもののグループ名が決まらずに悩んで
いたところ、岡村孝子さんがファンだった「さだまさし」が手がけたアルバム「夢供養」を
良く聞いていたのか?は分かりませんが、その中に収められていた楽曲の中でも特に特徴的で
長い題名の「パンプキン・パイとシナモン・ティー」の印象を強く思っていたのか?楽曲内で
登場する喫茶店のマスターの店名「安眠」を思い出し、それを名付けたと言われています。

 

引用元【ツイッター(さだまさし(StaffOfficial))】

 

その後大学に通いながら岡村孝子さんが作詞・作曲を手がけた「待つわ」で第23回ヤマハ
ポピュラーソングコンテストに出場し、見事グランプリを獲得しました。

その勢いのまま女性デュオ「あみん」は「待つわ」でレコードデビューをし、音楽番組や
ラジオ、音楽店でのPR活動によって120万枚を超える「ミリオンヒット」を果たしました。

この1曲だけで当時大人気音楽番組であったTBS系列の番組「ザ・ベストテン」で
12週に渡りランキングトップ10入りを果たし、その内4週は第1に輝き、更にNHK年末
恒例の冠番組「紅白歌合戦」への初出場も果たします。

しかしデビュー曲から突然の大ヒットでの多忙、さらにレコード会社の意向と本人達との
音楽制作に対する考え方の違いから、相方「加藤」さんの方が活動休止を考え始め「学業
優先と自身は芸能人として相応しくない」との理由から「あみん」から抜けることを
決断したそうです。

そして1983年に地元愛知県での「勤労会館コンサート」を最後に年内を持って活動を
休止することになりました。

その後「加藤」さんとの仲が悪くなったのか?どうか?は分かりませんが通っていた
「椙山女学園大学」を卒業することなく中退し、実家で「花嫁修業」を行っていたそうです。

実は岡村孝子さんの実家は当時、今は亡き御父上が地元でタクシー会社の「社長」として活躍し
さらに昭和42年に岡崎市の市議会議員に初挑戦し、見事当選を果たし8期に渡って
政治家として活動していたそうです。

なのでご自宅も比較的「裕福」であったと思われることから「お嬢さん」的立場で育ったと
考えられますし、御父上の事が大好きだった「娘さん」であったような気がします。

後に亡き父へ捧げる曲として「forever」を作り、父上を忘れない様に・・との思いを
語っています。

しかし「あみん」を休止した後も「音楽関係者」が黙っているわけもなく「ソロ活動」を
行うよう呼び掛ける音楽関係者の声に乗って上京し、ソニーミュージックのレーベル
「アリオラジャパン」からソロシンガーとしてデビューを果たします。

元々音楽センスは抜群であったことから、ソロデビュー後直ぐに「才能」は開花し、車会社の
CM音楽にタイアップされた楽曲で「ソロ岡村孝子」の存在を大きく巷に広げていました。

そしてソロデビューから2年後の1987年に自身が手がけた楽曲「夢をあきらめないで」が
爆発的ヒットを記録し、歌手として「あみん」以来の注目を集めます。

 

 

この楽曲は「応援ソング」的要素が多かった曲のため「各年代」から支持され、更にCMの
タイアップソングに選ばれたり、映画の主題歌に使われたり、今では中学校の音楽教科書に
採用されたりしています。

そんな音楽人生を順調に歩んでいたのですが2019年4月に体調不調により検査したところ
「急性白血病」であることが分かり闘病生活が余儀なくされ今に至っています。

 

スポンサードリンク

 

◇ 岡村孝子さん元旦那との離婚原因は?

 

岡村孝子さん1997年に元プロ野球選手の石井浩郎氏(読売ジャイアンツ)と結婚されています。

 

引用元【インスタグラム(#石井浩郎)】

 

しかも同年9月に「長女」を授かっています。

なので同年(1997年)に「結婚と出産」が同時であったことから「出来ちゃった婚」では?と
当時「噂」されていました。

あるいは当時、結婚はしたものの「挙式」を挙げていなかったことから「妊娠」していたので
「結婚式」を挙げれなかった・・・等とも伝えられていたものです。

「真相」は分かりませんが?娘さんは順調に生まれ育っているそうです。

しかし2003年の娘さんが「4歳」の時、離婚をしています。

原因は様々伝えられていましたが、岡村孝子さんが亡き御父上から引き継いだ「介護施設」の
経営が失敗し15億円の借金を負担しなければならなくなったから・・・

あるいは、石井浩郎氏に元から「暴力癖」があり岡村孝子さんに対し「DV」を行っていた
可能性が高いから・・・その根拠として岡村孝子さんと別れてから再婚したそうですが、
その女性とは長く結婚生活が続かず僅か1年で離婚したそうです。その原因で疑われたのが
石井氏による「DV」らしく、岡村孝子さんとの結婚生活中にも行った可能性がある!と
伝えられたことで「DV説」が浮上したそうです。

ただ、、岡村孝子さんの御父上の話に限れば「県議会議員」は勤めていましたが「介護施設」を
経営していた、あるいは手を貸していた等の実態はなく信じがたい情報です。

さらに石井浩郎氏の「DV」説ですが、もしDVが原因なら一般的に「静かに離婚」が
成立する訳がありません。

普通なら警察沙汰になり、ましてや両名共に世間から認知されている有名人なのですから
「こと静かに収まる」話ではないはずです。

さらに石井氏は「秋田県」出身ですが、私も秋田の人間として言わせて頂ければ秋田県の
「県民性」は女性に暴力を振るうような気質のある人間は「ごく稀」です。

雪国で育った人間は「穏やかで」「我慢強い」気持ちと力を持っています。

まして石井氏の場合、プロ野球で活躍するくらいの力を持った人物なので、他人に
手を出したら一大事になるはずです。

なので「DV説」もあり得ないと思うので真相は「夫婦のみ知る?」てところでしょう。

 

 

スポンサードリンク

 

◇ 岡村孝子さんの娘さんは今いずこ?

 

岡村孝子さんには1997年9月に授かった「長女」がおります。

当時は「ベールに包まれて」いて、その子に関し情報が無かったのですが、今では名前も
判明しており「沙樹(さき)」ちゃんと言うそうです。

現在2019年ですから20代の立派な大人の女性となっているに違いありませんよね!

元旦那「石井浩郎」氏と別れる際に岡村孝子さんが「親権」を持ったそうなのでフルネームは
「岡村 沙樹」さんと呼ばれているのでしょうか?

「母子家庭」で育ったのできっと大変な事もたくさんあったと思いますが、岡村孝子さんの
強い「愛」によって立派な二十歳の女性になっていると思います。

その証拠にこのような「インスタ」を発見しました↓↓↓

 

引用元【インスタグラム(okamuratakako_official)】

 

そこに書かれたコメントには↓↓↓

昨日は成人式でした。娘が産まれてから、この日を ひとつの目標として頑張ってきたような・・・。うるうる。今日から、次の目標に向かって頑張ろう!
引用元【インスタグラム(okamuratakako_official)

 

娘さんは「恥ずかしがって」でしょうか?後ろ姿で写真に登場しお母上(孝子さん)が
振り向かせようとしているような?様子を見せていますよね♪

きっと「晴れの舞台」を写真に収めたかったのでしょうか・・・まさに「親心:ですよね!!

コメントには娘さんが二十歳を向かるまで「頑張る覚悟を持って」今まで音楽人生を歩んで
来たことを示す文が書かれていて・・・涙ものです・・・!!

やはり女性は男性より女性の母の方に母性本能があり好むのでしょうね!!

母一人・子一人で今後も頑張って行って欲しいです。

取りあえずはお母上の「看病」に頑張って勤めて頂きたいところです!

応援しております♪♪

 

スポンサードリンク

 

◇ 最後に

 

今回の岡村孝子さんの病に対し、素敵な「応援コメント」&「励まし」のコメントを
見つけましたので、そちらをご紹介して終わりとさせて頂きます。

 

引用元【ツイッター(牛窪万里子 フリーアナウンサー)】

 

引用元【ツイッター(びーちゃん【ぷちょへんざ↑】)】

 

■ 岡村孝子プロフィール

本名
岡村孝子
読み
おかむら たかこ
生年月日
1962年1月29日
仕事
シンガーソングライター
出身地
愛知県岡崎市
所属事務所
Cotton
血液型
O型

 

 

スポンサードリンク

 

 

室井佑月病気は乳がん?持病は糖尿病!韓国人だった?息子がヤバい?経歴は?

「小説家でタレント」でありながら情報番組で「コメンテーター」として目にする機会が
多くなった「室井佑月」さんが自身の胸に「しこり」を感じ、検査を受けたら「乳がん」を
発症していることが分かりメディアから伝えられ話題になっています。


引用元【サイト(NAVERまとめ)】

 

マスコミに伝えられたのが2019年7月11日で、細胞検査によって「乳がん」が
判明したのが8日だったそうです。

がん細胞の大きさは「1~2cm」程度でリンパ節などの転移は無いとの診断結果のようです。

皆さんご存じの通り?通常は「男性ホルモン」が多いようで「微乳」のため胸に「食塩水」を
挿入しているらしく「マンモグラフィー検査」を受けられない状態だったらしく、自身で胸に
「しこり」が有ったことに気づいたそうです。

近年、食生活の「欧米化」による生活習慣病が増える中「女性の乳がん」患者も増えていますが
いつも「強気」の発言で世論から賛否両論が多い室井さんの体も「病気」には弱気だったのか?
持病の「糖尿病」に次いで「乳がん」も発症したようです。

この病気の「早期発覚」に関しても、元からのファン元からの反対派の意見で「賛否両論」が
勃発しているようで、ネット界で「バトル」が起こっている模様です。

ここに来て今までの「室井佑月」さんの「存在感」を示す形となったことについても賛否両論が
起こりそうな気がするのは私だけでしょうか?

日本国から見て室井佑月さんは「味方なのか?」「敵なのか?」よく分からない「気になる」
人物であることは間違いないので、良い機会なので彼女のことを少し調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

◇ 室井佑月さんの経歴は?

 

室井佑月さんは青森県出身の49歳(2019年)です。

幼い頃から「母子家庭」で育ち、母親が「ホステス」で働いていたことから、あまり良い
家庭環境で育ったとは言えないようです。

ちなみに母親と別れた父親は「愛人」を作り、それが原因で「離婚」したそうです。

そんな「逆行」にも耐えながら学生生活を送り、高校進学の際「地元青森」の学校ではなく
栃木県下野市にある県立「石橋高等学校」へ入学しています。

なぜ地元「青森」から離れて栃木県に移り住んだのか?は伝えられていませんが、
おそらく「生活環境」や「勉強が好き」だったことで他県を選んだ可能性が高いと思います。

なぜならこの高校、県内でもトップクラスの「進学校」らしく最新の偏差値も「62~」と
相当高いそうです。

なので、室井佑月さんがもし「勉強が好き」であったのなら偏差値の高い学校で学びたいと
思ったのは当然のことで、自身のレベルアップのためにも他県の高校を選んだ理由も
分かるような気がします。

青森県も多数の高校がありますが全国的な偏差値を見ると今一つだったかも知れないですよね?

しかし「勉強熱心」だったと思われる室井佑月さんですが意外なことに「大学」には進学されて
いません。

それは「実家」が関係しているとよく言われますが「母子家庭」で育ち貧しい生活環境で
暮らしていたことから大学進学することで「母親」への負担が更に増えることを危惧し、
一刻も早く自立して働いた方が良いと判断したためだと思います。

できることなら早く自立し「仕送り」する覚悟すらあったのではないでしょうか?

しかし自分の思いとは「裏腹」に自身にあった仕事を見つけることができなかったのか?
雑誌のモデルをしたり、レースクイーン・女優、さらには自身の母と同じく高級クラブで
「ホステス」などを経験し働いていたそうです。

「水商売」に手を出す気質などを見ると、その辺は生まれ持っていた「DNA」が力を発揮?
したのでしょうか?

ただ、そこまで得た社会や人脈の経験は他の同じ世代の若者よりも豊富だったこともあってか?
自身が初めて書いた「小説」がコンテストで入選するほどの「才能」を見出したらしく
その後「小説家」として文筆活動に「のめり込んで」いったそうです。

自身が小説家として活動を本格化していた頃、同文筆家である作家の「高橋源一郎」氏と出会い
「職業柄」話が合ったのか?「既婚者」と分かりながらも交際をし始め1999年にはなんと!
「入籍」を果たしました。

 


引用元【サイト(NAVERまとめ)】

 

この時点で高橋源一郎氏は「既婚者」であったので、言わば室井佑月さんが「略奪結婚」を
行った!と言わざるを得ません。

そこまで高橋源一郎氏を「愛した」のでしょうけど一般レベルからすると理解不能な行為だと
思います。

さらに高橋源一郎氏は三度の「結婚と離婚」の経験がある「ダンディー?」またいつ他の女性に
手を出してもおかしくない考え方の持ち主であったことは明らかだったはずなのに室井さんは
「四番目の妻」として籍に入ったようです。

しかしその二年後、兼ねてから予想?されていた通り「離婚」され、一人の男児を授かって
いたらしく、室井佑月さんが「親権」を持って正式に別れたそうです。

その離婚原因が面白く「またしても旦那の不倫が原因だった」そうです。

つまり「略奪結婚」した方が「略奪」されたのです。笑;

初めから女性「癖」があった男と分かって結婚したはずなのに!っと突っ込みたくなるのは
私だけでしょうか・・・?

その後は、自身の幼少期と同じように「母子家庭」で息子を育てながら、朝の情報番組や
バラエティー番組などの「公の場」で知名度を広げつつ、講演会などの「私的の場」でも
活動しながら今に至っています。

 

スポンサードリンク

 

◇ 室井佑月さんは糖尿病の持ち主?

 

室井佑月さんは元から「糖尿病」患者であることを自ら語っていました。

そのきっかけとなったのが2005年の夏頃だったらしく「みぞおち」に急激な痛みを感じ
急いで大学病院で検査したところ「膵臓に腫瘍」が見つかったらしく、そのまま病院で腫瘍の
「摘出手術」を行ったそうです。

細胞検査の結果、摘出した腫瘍は「良性」だったそうで他に転移も見られなかったことから
手術は無事に成功したようです。

膵臓は「沈黙の臓器」と呼ばれているほど症状が出ずに、気づいた時には「膵臓がん」に進行し「手遅れ」になるケースが多い病気なので、早期に膵臓に腫瘍を見つけられたことじたい、
「不幸中の(超)幸い」だったと言えます。

なぜなら私も母を膵臓がんで亡くしているからです!本当に怖い病気なんです!!

手術によって摘出した部位は「2/3」に及ぼ程であったらしく、かなりの手術時間をかけ
大きく腫瘍部分を取り除いたそうです。

そのため膵臓の機能が著しく低下したことで「インスリン」の分泌量も低下し「糖尿病」を
発症するリスクが相当上がっていたそうです。

そのことは医師から「告げられて」いたはずなのですが少し元気を取り戻した際に、以前と
同じような悪い食生活や「タバコ・酒」も絶えることなく続けていたらしく、最終的には
「血糖値の上昇」が抑えきれなくなり「糖尿病」と診断され「インスリン注射」に頼る
生活へと変わって行ったそうです。

糖尿病は一度発症すると「完治」することが難しい病で、食の欧米化が進んだ日本では
食生活の乱れや「タバコ・お酒」を多量に摂取する人口の割合が増えたことで、
年々増加している「生活習慣病」の一つとして位置づけられている恐ろしい病気です。

室井佑月さんも仕事柄、ストレス過多や暴飲暴食、さらに「睡眠障害」等を起こしていたと
聞きますので、避けることができなかったのかも?ですよね!!

その事に関して自らの「公式ツイッター」で語っておられるようです↓↓↓

引用元【ツイッター(室井佑月)】

 

引用元【ツイッター(室井佑月)】

 

スポンサードリンク

 

◇ 室井佑月さんって韓国人なん?

 

室井佑月さんの「韓国人説」は今に始まったことではありませんが、ほぼ間違いなく日本人で
あるとの声が多数です。

では何故?「韓国人説」が流れたのでしょうか?

実は室井佑月さんのお名前は「芸名」であり「本名」ではありません。

室井佑月さんのプロフィールを調べると本名は「非公開」とされています。

しかし今では本名が流通?され「渡辺由子(わたなべよしこ)」さんであると分かっています。

室井佑月さんは情報番組に出演し「コメンテーター」として発言される機会が多いのですが、
倫理上、公の場で意見を交わす人物が偽装の名前で登場することの正論性について疑問を
感じる方が多くおり何時も叩かれることが多いですし、私もおかしく思っている一人です。

「本名」が伝えられないのは何かの理由があるに違いない!と勘繰りするのが世の常で、
一説には本名を上げると地元「青森」に帰れない・・・つまり地元に居た時にマスコミが
大好きな「不祥事ネタ」を起こしたのでは?と疑われたりしているようです。

また「時の政権」に対する批判的な意見ばかりを述べていることや日本と韓国が解決しきれない
「慰安婦問題」について韓国寄りの発言が多いこと、さらに自身の「耳たぶ」の形が韓国人民に
多い形とマッチしていること等が要因で「韓国人説」が生まれたらしいです。

 


引用元【サイト(NAVERまとめ)】

 

でも一番大きい要因は、やはり「政権与党」に対する「批判」を続けていることに限ります。
時の「政権」を批判することは「日本」を批判している事と同じように感じる国民が多く
居るらしく、視聴者へは良いイメージを与えないので「他国民」にでっち上げたい気持ちの方が
多いからなのではないでしょうか?

ただ室井佑月さんは「女好き」な父親と「水商売」の母親との間に授かった「青森県」出身の
女性であることは明らかなので日本人であることは間違いないでしょう。

 

スポンサードリンク

 

◇ 室井佑月さんの子供がヤバい?

 

室井佑月さんは元旦那「高橋源一郎」氏との間に息子を授かっています。

室井佑月さんは幼い頃から「母子家庭」で育てられ「愛情が薄いまま」学生時代を過ごし
お金に恵まれず「満足な教育」を受けれないまま大人になった予想できますが、同じように
自身に授かった息子も「母子家庭」で育てています。

なので自分の息子には、自身と同じような環境で育って欲しくないと思ったのか?幼い頃から
「教育ママ」となり勉学に力を入れていたらしく、小学校3年生の時から期間限定で進学塾に
通わせていたそうです。

さらにそれだけでは物足らず、自宅に東大の「家庭教師」を呼んで学ばせていたそうです。

小学校も終わり、いよいよ中学受験の時期に入った頃「進学先」の中学に選んだのが最近では
「クイズ番組」で紹介されることが多くなり、中高一貫教育で超有名な「ラサール学園」の
中学校への入学を第一志望としたそうです。

しかし同学校の受験を試みましたが、あえなく不合格となり第二志望だったのでしょうか?
愛媛県松山市にある、こちらも「中高一貫校」の「私立愛光中学校」に入学したそうです。

なぜ?愛媛県を選んだのかは定かではありませんが、こちらの中学校なんと!偏差値が70以上
普通高校レベルで合格するのは難しいとされているようで、室井佑月さんが息子にかけた
勉強に対する「情熱や熱心」さが伝わってくる「合格」を得たようです。

その後息子さんは同学校で高校まで進み、順調に母が目指す通りの青年に育っているそうです。

 

■ 室井佑月プロフィール

本名
渡辺 由子(説)
読み
わたなべ よしこ
生年月日
1970年2月27日
仕事
小説家・タレント
出身地
青森県
所属事務所
オーケープロダクション→オールラウンド
血液型
B型

 

 

スポンサードリンク