建築家 鈴木エドワード氏脳卒中で死去!喪主は奥さん高橋百合子さん!

 

日本を代表する建築家として有名だった「鈴木エドワード」氏が2019年9月15日
午前1時35分頃、東京都内の病院で「脳卒中」のためお亡くなりになったことが分かりました。

享年71歳でした。

 

引用元【ツイッター(architect_tokyo)】

 

今後の予定としては葬儀の喪主は奥さんの「高橋百合子」さんが営み、会場は「東京都港区
西麻布3-21-6 カトリック麻布教会」で執り行われるそうです(21日午前10時半から)

お亡くなりになられた詳細は分かっておりませんが71歳の若さでこの世を跡に成されり、
「脳卒中」との事なので「急死」の可能性が高く「悔いの残る」人生となってしまったのでは!

建築業界では数々の「賞」を受賞されている素晴らしい人材で、これから建築家を目指す若者の
「お手本」としてのご活躍が期待されていただけに非常に大切な人を失くしてしまいました。

今回は、そんな「鈴木エドワード」氏を追悼の意味でも注目して見ました。

 

スポンサードリンク

 

◇ 故・鈴木エドワード氏の昔

 

鈴木エドワード氏は1947年9月生まれの71歳(2019年)で、ご出身は「埼玉県」です。

お名前の「鈴木 エドワード」はご本名との事なので、核心はありませんが多分ご両親が日本人
以外の他国籍で「ハーフ」として誕生した可能性が高いです。

幼い頃から「建物」が好きだったお子さんらしく、早い段階から「建築家」を夢見ていたそうです。

ご出身は埼玉県「狭山市」なので地元の小・中学校に通われていたと思われ、ご卒業された
高等学校は分かりませんが、ご卒業はアメリカ・インディアナ州にあるカトリック教会
「ノートルダム大学」にご入学され「建築学」を学んでいたそうです。

その後1971年(昭和46年)に同大学をご卒業され、本格的に「建築家」としての人生を
歩みだしました。

しかし「建築家」としての「技量や知識」が足りないと感じたのか、その後アメリカ・
マサチューセッツ州ボストンにある「ハーバード大学」に通われております。

どのようにご入学されたのか?分かっておりませんが、1975年に大学院を「修了」して
「アーバンデザイン建築学修士(MAUD)」を授与されました。

その後、同年帰国し日本の建築界で大手として知られていた「丹下健三都市建築設計事務所」に
在籍し建築士としての腕前を披露していたそうです。

たった一年ではありましたが「建築士」としてのデザイン能力・技量・知識などがご自分の中で
「画一」したのか?翌年の1976年に同事務所を辞めて「独立」する事としたようです。

そして翌年の1977年に自身の悲願でもあった個人事務所「鈴木エドワード建築設計事務所を
設立したそうです。

その後は仕事に没頭し東京都内のみならず各地の構造物・建築物に携わり、日本人建築家としての
名誉をドンドン築き上げて行きました。

特に毎年行われる各社のイベント「グッドデザイン賞」等に、1993年に「JR東日本社」の
山形県南陽市郡山にある「赤湯駅」のデザインを手がけ「やまがた景観デザイン賞」を受賞すると
それを皮切りに毎年のように「デザイン賞」を獲得しておりました。

特に私の故郷でもあり生まれ育った地、秋田県大仙市(旧大曲市)のJR駅をリニューアル際、
建築に携わって頂いたようで、こちらでも通産省より「グッドデザイン賞」を獲得されて
おられます。

完成時はとても「近代的な建物」で「大曲の花火」で有名な土地に相応しい未来型建造物を頂き
訪れる観光客・あるいは花火ファン達の心にインパクトを与えております。

 

引用元【インスタグラム(kohalu525)】

 

そういえば以前、1987年頃の日産自動車”セドリック”のCMで音楽家の「坂本龍一」氏、
ファッションデザイナーの「菊池武夫」氏と共にご出演されておられました。

失礼ながら、私は「鈴木エドワード」氏の実物を見たのはそれが初めてでした。

なので記憶に鮮明に残っております。

その後はご年齢相当の仕事を熟しておられたようですが、残念ながら「脳」のご病気で
この世を跡にされました。

本当に生前のご活躍に敬意を払い、心よりご冥福をお祈り申し上げます。

 

スポンサードリンク

 

◇ 鈴木エドワード氏の奥さんは高橋百合子さん!

 

この度、お亡くなりになられた「鈴木エドワード」氏の奥様は「イーオクト株式会社」代表
取締役の「高橋百合子」さんです。

交際を始めた馴れ初め・ご結婚の年月・子供達に関する事・・・詳しい情報は何もありませんが
高橋百合子さんのご職業は、元は「新聞会社」に勤務されていたようで、バリバリのOLとして
ご活躍されていたのでしょう。

その後1987年に同会社を退職し「起業家」として自身の会社を立ち上げたそうです。

たぶんこの会社が現在の「E.OCT」だと思われます。

こちらでは元務めていた「新聞会社」で学んだ広告業の「いろは」を活用し「広告制作」や
「展示会のプロデュース」など、幅広いニーズにあった業務を手がけているそうです。

近年では自身が訪れた「スウェーデン」で見かけた「ゴミ圧縮機器」に感動し「輸入販売」を
行っているそうです。

現在の会社のモットーは「環境に配慮されたサスティナブルな社会づくりを目指す」のようで
マルチな業務を積極的に扱い環境重視の社会構築を目指しているようです。

 

 

引用元【ブログ(岡田美里オフィシャルブログ)】

 

 

■ 鈴木エドワードプロフィール

本名
鈴木エドワード
読み
すずき エドワード
生年月日
1947年9月18日
仕事
建築家
出身地
埼玉県狭山市
所属事務所
鈴木エドワード建築設計事務所
血液型
?型

 

 

スポンサードリンク