兼子ただしのスピードストレッチ



兼子ただしのスピードストレッチプログラムサイト

TOP >

兼子ただしのスピードストレッチプログラムサイト


Q?あなたの体は生まれたての子供のように柔らかいですか?
   っと尋ねると何人の方が「はい」と言えるでしょうか?


>>まずは「いいえ」と答えられた方で柔軟運動に興味がある方はこちらからどうぞ!見る分はタダです♪

突然の質問でゴメンなさい。
兼子ただしのスピードストレッチプログラム法サイトへようこそお越し下さいました。
当サイトへお越し頂きましたあなたは、きっと「最近体の動きが悪く、あちこちにぶつかる」とか
「少し無理して手足を伸ばすと必ず筋を伸ばしてしまう」とか「落としたものを直に取れない」とか
「うちの子供はピッチャーをしているけど、なかなか伸びない」などの、体に柔軟性が無いために起る
症状に苦労されて悩んでおられることだと思います。

そうなんですよね!年齢や運動不足で体が固くなると、無理やガマンが効かなくなるんですよね。
私も30代後半ですが、確かに無理に物を取ろうとすると筋を伸ばして傷めたり、
自分の感覚ではうまく避けたと思ったのに、タンスの角に足をぶつけたりするようになってきたように思えます。
これらは高年齢が原因ではなくて、体の動きの悪さ「柔軟性」が不足して起るのです!

でも、じゃ〜柔軟な体を作るには・・・っと想像すると、一番初めに頭に浮かぶのは
前屈運動での「イタタタタ〜!」や背筋運動での「ヒィィ〜!」や無理やり後ろから押される開脚運動の
「ウォ〜〜!」などを思い浮かべませんか?

確かに無知の方が行う「半強制的」に筋肉を強く伸ばすような方法を行えば、そのようになります。
しかし、それはあくまでも無知の方が行う間違った柔軟運動で、とにかく筋肉を伸ばすことばかりに
重点を置き、「早く・多く」っと急ぐばかりに行う、間違った運動方法なのです。
若いうちは成長期、あるいは体質的に柔らかいですから、ちょっと無理をしただけでは
体を痛める恐れは少ないでしょう。
しかし高齢になればなる程、無理な運動をすると間違いなく体を痛めてしまいます。

では、正しい柔軟運動とは何かというと「適度なストレッチング」をすることなのです!
そこでオススメなプログラムが「兼子ただしのスピードストレッチ」です。


なぜオススメするかと言うと、実際に私も試しましたが「イタタタタ!」も「ヒィィ〜!」もなく、
無理なく運動を進めることができましたし、結構早い段階で体が柔らかくなり、
タンスの角に足をぶつけることもなくなりました。
また、もっとありがたいことに慢性的な「肩こり」を解消することもできたのです。〜〜凄い!〜〜
さらに、もちろんタダではありませんが「柔軟の効果」がなかった時に返金保証も付いているし、
たくさんの成功事例が多いのです。
このことだけでも信用度がありますよね!

これ以上の詳しい内容を書くと長々となりますので、是非こちらから↓↓↓ご覧下さいね!
>>  兼子ただしの“スピード ストレッチ プログラム” 〜体が硬い人、もっと柔らかくしたい人のためのストレッチ〜


最後に何度も言いますが、なぜこのプログラムが「効くのか!」と言うと、たくさんの成功事例が
あることと、ある方法を行うことで「理にかなった」ストレッチングを行うからです。
是非、固い体質の方にオススメなプログラムです。




腰痛 高血圧 耳鳴り ダイエット 痛風患者 育児 子育
スリーミニッツキャッシュ レビュー アービトラージ ブックメーカー


Copyright 八田永子式|柔軟アッププログラム all Rights Reserved.