痛風の検査ページ


☆ 痛風の検査!! ☆


スポンサードリンク

Index > 痛風の検査

My Yahoo!に追加









◎◎ 青汁 効果 ◎◎


当サイト特別ユーザー向け
痛風ブログ



◎ 時間の無い方 ◎

初めの痛風・痛風のベテラン?全ての痛風持ちにオススメ、自宅で尿酸【UA】が分かる。セルフチェック




☆

病気名別一覧


☆ にゃんキ〜 ☆

闘病中に励ましてくれた
愛猫のにゃんキ〜を紹介



☆ プロフィール ☆
始めまして-^o^-


☆ メール ☆



サイト管理人が超オススメする痛風に効果があった?いやいや今だに継続しておりますので、効果があるものとして【青汁】をオススメします。飲み始めてから再痛風発作が起っておりません。但し人は皆体質が違いますので必ず効く保証はりませんが・・・。私には効果万能です!!

♪美容・健康・ダイエットに効果的な青汁です。生活習慣病=痛風にはもってこい?ですよ!


♪「コスト」よりも<味>で選ぶならこちら!青汁が苦手な方にオススメです。
↓↓大人気↓↓


スポンサードリンク



病院で行う痛風の検査内容はその人の症状によって

異なりますが、実際、私に行なわれた痛風の検査内容を

お話し致します。痛風の検査で必ず?行うのが

血液検査です。(注射の嫌いな方ゴメンなさい)

血液検査をするのは、血液中の「尿酸値」が今

どれだけの値なのかを調べるためで、その値が

男性は4〜7mg/dl、女性は3〜5mg/dlが正常値です。

私は初検査時8.8mg/dlもありました。その値が正常値を

超えている場合に「高尿酸血症」とされ、痛風の疑いを

かけられます。値がそれ以下の場合は別の病気の

検討をするのでしょう?か?私の場合、初診察時は

レントゲンと血液検査と薬での治療となりました。

私の症状は左足の距骨(内側のちょっと出ている

骨の部分)が腫れた状態です。痛みとしては、

よく言われております「激痛」っという感じではなく

「チクチク」から始まって時間の経過で「ジクジク」となり

半日くらいで「超激痛」っと変った状態です。

























初診の検査は、私の場合痛んでいる患部が骨の辺り?でしたので 骨の検査として

レントゲンを撮り、また血液中の「尿酸値」の測定のため 血液検査が行なわれました。

始めは尿酸値のことよりも 患部の痛めを止めることが大事なので、痛め止めの

飲み薬と直接患部に貼る湿布薬を処方されました。 2回目の通院では

骨には異常がなかったので、「尿酸値」の測定のための 血液検査と「尿酸値」を

下げるための飲み薬を処方されました。 3回目の通院ではほとんど痛みが

治まっていたので血液検査のみ行い不足した分の飲み薬を処方されました。

その後は勝手に通院拒否?で病院へは行っておりません。 以上の内容を具体的に

紹介させて頂きます。初診は、医師から現状の状態を聞かれたので患部を見せて

痛みの説明し、医師の見解は痛みの患部が位置的に「骨」の部分なのでとして

レントゲンを撮って「骨」の異常を確認することになりレントゲン室で撮影されました。

次に血液の採取をするように言われたので 採取室で注射をされてそれから

30分位待たされてから再度医師に呼ばれレントゲンと血液検査の結果を

説明されました。それによると、骨には傷・折れ・などは全くなく何の問題もないが

血液中の「尿酸値」が8.8mg/dlあります・・・とのことで

発作が起きたのが突然のこと!!
足の関節近辺が腫れていること!!
痛風になりやすい場所に該当していること!!
尿酸値が基準以上に高いこと!!
不規則な生活をしていたこと!!

以上の点から痛風と断定されました。


その後、この「痛風」という病気がどういうものなのか?などを説明されてから一番

注意する事として「食事」を告げられ食材に入っているプリン体の量が書かれたチラシ?を

もらいました。初診に処方された薬は、腫れを引かせるための湿布薬と痛め止めの

錠剤(ロキソニン)と錠剤で胃を痛めないようにする錠剤(セルベックスカプセル)を

処方され購入しました。実際に薬を貼ったり服用を始めましたが 私の体質?は

ど〜も飲み薬の効果はよく分かりませんでしたが、湿布薬はかなりgood!!でした。

なぜなら、飲み薬はたまに忘れることがあっても湿布薬は必ず使用してましたので

その結果痛みが安らいだし実際患部に貼ると冷たくて最高に(気持ちぃ〜)から

抜群に効いているような気になりました。

2回目の検査からはもちろんレントゲンの検査は必要ありませんで医師に

呼ばれることもなく順番が回ってきたら即採血室へと看護婦さんに

誘導されて行きそれからまた30分くらい待たされてから医師のもとへ行って結果を

知らされました。それによると「尿酸値」が8.8mg/dlから7.7mg/dlまで降下!!

「尿酸値」を下げる薬は飲んでないのにこれだけ下がったのは食生活の改善の

お陰だと思います。(毎日ワカメを欠かさずに食べまくりました。)

確かに痛みもかなり良くなって、足も地面に置いても痛くなく、むしろ普通に走ることが

できる位に回復しておりました。そんなこんなでまた一週間後の診察を

約束させられましたが、今度はこの一週間を運動不足解消?に取り組むことを

胸に秘め多分体脂肪が落ちれば「尿酸」の減少につながるはず!!・・・っと

勝手な思い込みをしてまた一週間の闘病生活となりました。

医師からは適度な運動をするように言われましたが、普通に走ることが

できましたので思いっきり毎朝走り込んで汗ダラダラになる日々を過ごしました。

そして勝負の3回目の検査に向かったのでありました。。。


あいかわらず、医師に呼ばれることもなく順番が回ってきたら即採血室へと行き

血液検査を行いましたが今回はどうも緊急病人が運ばれたらしく2時間も

待たされました。待ち疲れましたが機敏に働いている看護婦さんを見ていたら

怒ることができず、診察の順番が回って来て医師のもとへそして検査結果を公開?

されましたが、なんと「尿酸値」が7.7mg/dlから6.6mg/dlまで下がっておりました。

これはビックリ・・・!!

私の順番が最後の方だったこともありほとんど整形外科には病人がほとんど

居なかったので近くにあった体重計に乗ったところこちらもビックリ・・・75kgが65gまで

減量されてました。その後は医師に(完治)したとは言われませんで、

次回の通院を約束させられましたが「尿酸値」が正常値まで戻りましたので勝手に
通院は止めました。(病院の先生ゴメンなさい。。!!)

現在の体調は良好です。私の体験した「痛風の検査」は以上です。





◎◎◎ あなたがお探しの痛風の症状が見つかるかも? ◎◎◎
痛風の症状は人によって様々なので、なかなかご自身の症状に合った
事例が見つかり難いものです。そこで当サイトでは皆様方から頂いた
「痛風の質問・疑問・体験談」などを1つにまとめたブログを作りました。
これを閲覧すれば、あなたがお困りの症状と同じ仲間?が見つかるかも!!
良かったらこのブログにご参加下さい(もちろん無料!!)但し、こちらのブログへのご入場は
当サイトへ、痛風の質問や当サイトの感想・ご意見、または痛風の体験談などを
お問い合わせ頂いた方のみ(痛風のご関係者?限定)とさせて頂いております。
痛風に関しまして何でもよいのでドシドシお問合せ下さい。







当サイト特別ユーザー向け
痛風ブログ







◎◎ 青汁 効果 ◎◎