痛風の薬のページ


☆ 痛風の薬!! ☆


スポンサードリンク

Index > 痛風の薬

My Yahoo!に追加









◎◎ 青汁 効果 ◎◎


当サイト特別ユーザー向け
痛風ブログ



◎ 時間の無い方 ◎

初めの痛風・痛風のベテラン?全ての痛風持ちにオススメ、自宅で尿酸【UA】が分かる。セルフチェック




☆

病気名別一覧


☆ にゃんキ〜 ☆

闘病中に励ましてくれた
愛猫のにゃんキ〜を紹介



☆ プロフィール ☆
始めまして-^o^-


☆ メール ☆



サイト管理人が超オススメする痛風に効果があった?いやいや今だに継続しておりますので、効果があるものとして【青汁】をオススメします。飲み始めてから再痛風発作が起っておりません。但し人は皆体質が違いますので必ず効く保証はりませんが・・・。私には効果万能です!!

♪美容・健康・ダイエットに効果的な青汁です。生活習慣病=痛風にはもってこい?ですよ!


♪「コスト」よりも<味>で選ぶならこちら!青汁が苦手な方にオススメです。
↓↓大人気↓↓


スポンサードリンク



痛風の薬は症状に合わせてたくさんあります。

痛風発作抑制剤
痛風発作治療剤
鎮痛消炎剤
尿酸排泄型鎮痛消炎剤
尿酸排泄剤
尿酸合成阻害剤
酸性尿改善剤

上記の痛風の薬をすべて紹介するとページが長く

なりますので私が実際に治療中病院の医師から

処方された4つの薬を紹介します。
























その前に痛風の薬の役割とはなんなんでしょうか?

まず、「発作の抑制」と「尿酸値のコントロール」が一番重要でしょうね。!!

この2つの役割を毎日はたすことで本来人間の体が持っている「治す」と言う機能を

最大限に活かすことができます。発作で炎症した患部の再発作を抑えるための

湿布薬・痛みを少なくする錠剤・尿酸値を下げる錠剤・またそれらの錠剤から

胃を守るための錠剤などがあります。これから紹介する薬はあくまでも私の症状から

見た場合に必要となった薬で皆が同じとは限りませんことを御了承ください。




◎ 薬名 ロキソニン


 ・ 使用方法 内服で食後×3回/日


 ・ 効能 熱を下げたり痛みを和らげる作用がある。


 ・ 働き 炎症をおとなしくさせて腫れなどの症状を抑えます。そのほかに、熱を下げる効果もあります。炎症自体を治す効果はないようです。


 ・ 副作用 服用を続けると胃にダメージを与える恐れがあるようです。特に胃潰瘍に要注意!!。高齢者は特に使用時は医師とよく相談すること。


◎ 薬名 セルベックスカプセル50mg


 ・ 使用方法 内服で食後×3回/日


 ・ 効能 荒れた胃の粘膜を修復する作用がある。


 ・ 働き 基本的には胃を守る薬のようです。守るだけではなく、胃自体の粘膜を強くして抵抗力upになるそうです。また、胃の荒れなどの予防にも効果的です。


 ・ 副作用 安全性の高い薬で特に問題ないようです。

上記錠剤と一緒に冷熱タイプの湿布薬も処方されました。

この時点では「尿酸値」自体を抑える薬は渡されませんでした。急に体内の「尿酸値」を下げる薬を使うとかえって「尿酸値」が上昇する恐れがあるからだそうです。


◎ 薬名 ザイロリック錠


 ・ 使用方法 内服で食後×2回/朝・夕


 ・ 効能 体内でつくられる尿酸の量を減らす作用があります。


 ・ 働き これが尿酸値を下げる働きのある薬です。基本的には、関節にたまる尿酸を減少させて痛みを抑える作用があるようです。昔から痛風の薬として使用されていたみたいです。


 ・ 副作用 私の初診察の際にも言われたことですが、突然いままでの体内にあった尿酸を減らすとかえって尿酸値増進に貢献してしまうため、発作を誘発する恐れがあるようです。飲み始めに注意が必要のようですね。但しその後尿をドンドン排出できれば発作が誘発することが少ないようです。






◎◎◎ あなたがお探しの痛風の症状が見つかるかも? ◎◎◎
痛風の症状は人によって様々なので、なかなかご自身の症状に合った
事例が見つかり難いものです。そこで当サイトでは皆様方から頂いた
「痛風の質問・疑問・体験談」などを1つにまとめたブログを作りました。
これを閲覧すれば、あなたがお困りの症状と同じ仲間?が見つかるかも!!
良かったらこのブログにご参加下さい(もちろん無料!!)但し、こちらのブログへのご入場は
当サイトへ、痛風の質問や当サイトの感想・ご意見、または痛風の体験談などを
お問い合わせ頂いた方のみ(痛風のご関係者?限定)とさせて頂いております。
痛風に関しまして何でもよいのでドシドシお問合せ下さい。







当サイト特別ユーザー向け
痛風ブログ







◎◎ 青汁 効果 ◎◎