痛風 後遺症ページ


☆ 痛風 後遺症!! ☆


スポンサードリンク

Index > 痛風 後遺症

My Yahoo!に追加









◎◎ 青汁 効果 ◎◎


当サイト特別ユーザー向け
痛風ブログ



◎ 時間の無い方 ◎

初めの痛風・痛風のベテラン?全ての痛風持ちにオススメ、自宅で尿酸【UA】が分かる。セルフチェック




☆

病気名別一覧


☆ にゃんキ〜 ☆

闘病中に励ましてくれた
愛猫のにゃんキ〜を紹介



☆ プロフィール ☆
始めまして-^o^-


☆ メール ☆



サイト管理人が超オススメする痛風に効果があった?いやいや今だに継続しておりますので、効果があるものとして【青汁】をオススメします。飲み始めてから再痛風発作が起っておりません。但し人は皆体質が違いますので必ず効く保証はりませんが・・・。私には効果万能です!!

♪美容・健康・ダイエットに効果的な青汁です。生活習慣病=痛風にはもってこい?ですよ!


♪「コスト」よりも<味>で選ぶならこちら!青汁が苦手な方にオススメです。
↓↓大人気↓↓


スポンサードリンク



痛風の後遺症とは私(サイト管理人↓以後省略)が

勝手に思うに、痛風で痛みを勃発する工程として

2つに分けれると思います。1つは体内の尿酸が

過剰に増えて尿の排泄では間合わなくなり、血中に

残った尿酸が特に体の末端部分の関節に入り込み

蓄積され、その後尿酸結晶化した物質に白血球の

防御攻撃が始まり、患部付近の関節にダメージを

与えられることが原因で痛みを伴う事と、
















もう1つはその攻撃によってダメージが与えられた関節が炎症を起こし

関節炎が発症して、それが後々まで痛み続けること!この2つの要因?によって

痛みが悪化したり治り難くなっているものだと思います。この尿酸結晶化が

原因で関節炎が起り、後々まで痛みが続く状態のことを痛風 後遺症と言えると

私は思います。そのため、このように尿酸過多(高尿酸結晶)が

原因で発症する関節炎のことを「痛風関節炎」と呼ばれているようです。


◇ 痛風発作が起りやすい時期 ◇

※ 情報商材購入履歴の実績も含めています



ご覧になりたい方は↑↑の画像をクリックして下さい。
タグが開きます。


関節炎と言ってもその原因はたくさんあり、運動・ストレス・リウマチ・結核・等など

様々あるとされていますので、多分区分けするために痛風が原因で起る関節炎の

ことを、このように呼んでいるのでしょうね?尿酸結晶化が起って白血球の攻撃が

始まると、その部分に徐所に痛みを伴うことになりますが、この時点での痛みの

強さは「激痛」よりも「違和感」程度の痛みを感じる方が多いようで、さほど痛くないので

気づかれない方が多いのですが、実はこの「違和感」こそが【痛風の始まり?】を

予告しているのです。この時点では体内でのバトル?ですから体面上何の変化もなく

「違和感」を感じる程度であって腫れ上がったり皮膚が膨張したりしません。ですが、

この「違和感」こそが、そもそもの痛風の原因であって症状なのだと思います。

尿酸結晶vs白血球のバトルの良し悪しによって痛みの大きさも変わってきますが、

この痛みの変化がちょうど風の吹いたり吹かなかったりに似てりるところから

痛風と名づけられたと言われています。その後も白血球の攻撃は治まらないため

バトルと関係のない患部の周りの関節まで痛めるける結果となり痛風関節炎を

引き起こすのです。そうなると患部が腫れ上がったり皮膚が膨張したり関節が

変形したりすることで、さらに痛みが激しくなり「激痛」になります。なので、

尿酸結晶が小さくなり白血球の攻撃も終わり痛風勃発の原因自体は改善されても

関節炎が残ってしまうので痛みを完全に治すまでには時間が必要とされるのです。

結局、痛風関節炎とは尿酸結晶と白血球のバトルの果てに残った痛み⇒後遺症と

なると思うので私は【痛風の後遺症】だと考えました。以上のように痛風の始まり

(尿酸結晶と白血球のバトル中)と激痛(関節炎)が起るまでにギャップがあることが

分ると思いますが、よく聞く話として「翌日まで何ともなかったのに朝起きたら激痛が

起った」とか「翌日ぶつけたり・叩いたり・身に覚えがないのに何故か足の親指が

痛み出した」などは、まさにこのギャップによるものだと思います。私の場合も毎回

痛風が起る初期段階では違和感を感じた後の翌日、または翌々日の朝に激痛を

起こすパターンがほとんどで自ら体験していますから間違いないと断言できます



ところで、なぜ年齢が高齢になったり体調不良が続くと後遺症(関節炎)が治り

難くなるのはなぜでしょうね?事実、私も年齢が高くなったり痛風回数が多くなりに

つれて痛みの治まりが悪くなっていることを実感しています。一般的な人の場合

痛風発作を初めて起こしたケースでは、早ければ3日、長くても1週間以内で

痛風自体の痛みは治まっていると、よく聞きます。これは尿酸結晶と白血球の

バトルが少なくすむために関節への攻撃?も少なくすむので関節炎も軽減

されるのでしょう。ですから疾患部自体の痛みも1週間〜2週間で治まる傾向に

あるようです。ところが痛風のベテラン達?から頂いた情報を見ると、やはり回数を

多く経験された方や年齢が高齢になった方達は特に治りが悪くなっていることを

実感されているようです。また、その人達は全て痛風改善のために、医者から

処方された薬をきちんと飲んでいるし、看護師から渡された食事療法のチラシに

沿って正しい食生活を摂っているにもかかわらず、1ヵ月を過ぎても痛みが一向に

良くならないと言われ、中には2ヶ月以上も患部の痛みが取れなかったと

言われる人も少なくありません。また2ヶ月以上の長期に渡って痛みが取れない

人達に共通して言えることは、私と同じように痛風の代名詞?でもある

「足の親指付近がひどく痛む」症状では無く、疾患部分が足首や肘などの

関節の多い(太い)部分に発作を繰返し起こしている方が多いことです。

もし初めての発作であれば上記にも書いた通り痛風自体の攻撃が少なくて

すむので、この部分に発作が起っても関節炎が小さく治まりますから痛みも

早く改善されます。私もそうだったので間違いないと思います。しかし何度も

この部分(関節が多い?太い?)に繰返し発作を起こすことで関節が変形したり

破壊されたりすることで、ますます痛みが治り難くなるのです。場合によっては

コブ状に腫れ上がったりしますが、これは「痛風結節」と呼ばれる症状です。

但し、痛風結節の原因は高尿酸血症を長く続けた場合に起りやすいもので、

普通は痛風に侵されると治すために尿酸値を下げるように努力するのが

当たり前なので、この症状を起こす人は少ないようです。また、高齢によって

あるいは体調不良によって痛みが治り難くなるのは「免疫力の低下」が

考えられます。これはどんな病気にも共通して言えることなのですが・・・


なので痛風による後遺症とは高尿酸血症によって関節中に起る尿酸結晶化と

それを防御するために働く白血球とのバトルの果てに残された?起った?関節炎の

ことで、それが悪化し長期に渡って治療が必要とされる症状のことだと思います。





◎◎◎ あなたがお探しの痛風の症状が見つかるかも? ◎◎◎
痛風の症状は人によって様々なので、なかなかご自身の症状に合った
事例が見つかり難いものです。そこで当サイトでは皆様方から頂いた
「痛風の質問・疑問・体験談」などを1つにまとめたブログを作りました。
これを閲覧すれば、あなたがお困りの症状と同じ仲間?が見つかるかも!!
良かったらこのブログにご参加下さい(もちろん無料!!)但し、こちらのブログへのご入場は
当サイトへ、痛風の質問や当サイトの感想・ご意見、または痛風の体験談などを
お問い合わせ頂いた方のみ(痛風のご関係者?限定)とさせて頂いております。
痛風に関しまして何でもよいのでドシドシお問合せ下さい。







当サイト特別ユーザー向け
痛風ブログ







◎◎ 青汁 効果 ◎◎