痛風の症状や攻略法!!

このホームページは、サイト管理人の私(クニマス)が
現代のぜいたく病と言われている痛風に実際
侵された体験をもとに、痛風で苦しんでおられる
沢山の皆様方に少しでも役に立つことができれば・・
っとの思いで自らの経験を元に痛風のホームページ
作ってみました。痛風の前兆を感じたり疑いのある方
さらに実際に痛風発作を発症し痛みに苦しんで
おられる方・あるいは痛風発作を起こさないための方
なども記載しておりますので、是非お役立て下さい。!!

☆☆ お知らせ1 ☆☆

最近、当サイトへのご感想や質問をたくさん頂きますが、
ご質問の方からのメールに返信用メールアドレスが
無い場合が多く、折返しお返事ができない状況です。
お返事が必要な方は必ず折り返し用のメールアドレスを
お知らせ下さい。もちろん、 個人情報の管理から
当サイトからのお返事のみに使用させて頂き、
それ以外の利用は致しません。

☆☆ お知らせ2 ☆☆

私(サイト管理人)こと?⇒クニマスこと?⇒「ひろ」さんが↑の雑誌から
「痛風」に関しての取材を受け、その内容が紹介されました。
・・・っと言っても当サイトで紹介している内容とほぼ同じですがね?
ご興味のある方は書店からお買い求め下さい。

まず当サイトに訪れた理由として、朝起きたら足の親指付近に違和感がある・・・
あるいは体の末端部分に軽い痛みがあるが原因に心当たりがない・・・
さらにぶつけたり・叩いたりしていないのにある部分が強烈に痛くなった・・・
などの理由でご訪問されたことだと思います。

その症状や原因から見ると間違いなく「痛風発作の前兆」あるいは「発作の勃発」が
考えられます。つまり残念ながら「痛風人の仲間入り」になってしまったのです。

昔は私(管理人)は「・・・ですがご安心を!!痛風は生活習慣病の一つですから、
生活環境を改善すると治ります」などと言ってました。
・・・が、残念ながら今だに大なり・小なり発作が起こり苦しめられている者として
「痛風は治ります!!」っと断言することができなくなりました。

なので当サイトをご覧のあなたも痛風発作を起こしてしまったのであれば
残念ながら今後「痛風人の仲間入りから解放されることはできないでしょう・・・」
っと言えそうです?(但し、人によって体質や生活環境が違いますので
正確なところは分かりませんが・・・)。

しかし、痛風が完全に完治しなくても発作を起こさないようにすることで仲良く?
付きあうことができますし、もし発作を起こしてしまっても、前回の対策とか
経験によって痛みを軽減したり、早い回復をすることができると思います。

ですから、痛風になったことは残念ではありますが、それを早めに克服し
さらに自覚して、諦めないで治療に専念しましょうね!!

では何故、痛風発作が起ったのでしょうか? 痛風が一般的に起こる「発作する」
原因として、一般的には毎日の(悪い)食生活「暴飲暴食・アルコールの飲みすぎ」や
日頃からの(少ない)運動量「運動不足・ストレスの溜め込み」などが
原因とされております。従って痛風発作を起こさないためには単純に考えて
この(悪い)と(少ない)を逆に(良い)と(多い)に換えることができれば
痛みは治ります。 特に、ビールには痛風発作の原因とされている (尿酸値)を上げる原因
「プリン体」が沢山入っており、アルコール類の中では避けなければいけない飲料と
言われております。

しかしながら痛風に限らず、今日のさまざまな現代病に侵される原因としては
毎日の(悪い)食生活や、現代病の代表とされている(少ない)運動量を継続して
毎日繰り返すことで(免疫力)や(抵抗力)が弱くなり、現代病に侵されているようです。

ですから痛風の痛みは(治る)っと言ってもこの(悪い)食生活や(少ない)運動量などの
改善しない限り治るものも治りません。もちろん他の病気にも言えることですが・・・

痛風やその他の生活習慣病にも言える事ですが、この(悪行)を放置し続けると
(合併症)を引き起こす危険性もあります。痛風に限って言えば(慢性腎炎)などを
引き起こす事があり最悪の場合、(慢性腎炎)が悪化し(腎不全)になる危険性もあります。

このような怖い病気にならないためにも、痛風の症状(痛風発作)が起きたら
早めの治療を開始することが何よりも大切なことです。痛風に限らず言える事なのですが
人はいろいろな病に侵されるとある程度、生活習慣を改めて体調が良くなります。
そうなると病に侵された時の記憶がだんだんと薄くなり、病気を治す努力を
行なわなくなって行きます。

痛風の特徴とも言える事なのですが、初めて痛風発作が起こった際に、
ある程度「3日~一週間」くらい経つと痛みが和らぎます。
それは、ある程度生活習慣を改善することで一時的に尿酸値が下がり痛みが和らぐためです。
ところが、症状が良くなっても病気自体が治ったわけではなく、生活習慣をまた悪くすると
間違いなく痛風発作が勃発します。

ですから、一般的に言われている痛風の症状が現れたら早めの医師の診察が必要です。
決して痛みが和らいだからと言って治ったと判断しないで下さい。
痛風発作後は、痛くても・痛くなくても一度医師に見てもらう事をお勧めします。

痛風に限らず色々な病気に侵されないように毎日の不規則な食生活(暴飲暴食・
アルコールの飲み過ぎ・タバコの吸い過ぎ)や運動不足(肥満体質・ストレスの溜め込み)
などに注意し、栄養のバランスが摂れた食事をするように心がけ、最低限の毎日必要な
運動を行い生活習慣病にならないように・・・
または病気になったのなら改善するように心がけることが大切です。

より良い毎日を(明るく)(楽しく)(元気)に過ごせるように頑張りましょう!!!
痛風についてサラッと?紹介しましたが、各コンテンツでもっと詳しく私の経験をもとに
掲載しておりますので、是非お役に立て頂けたら幸いです。

◇ 痛風発作が起りやすい時期 ◇

ご覧になりたい方は↑↑の画像をクリックして下さい。

☆☆ 最後にお願いです ☆☆

このサイトは私(サイト管理人)が体験したことを
できる限り正確・忠実に紹介したつもりですが、どんな病気でもその人の体質や
生活環境等で違いがあります。また痛みが無くなってその後に後遺症も無く
何年経っても痛みが出ないことを治ったと判断する人もいれば、
痛みが全くなくても実際は治っていない!!っと判断する人もいるでしょうから
全ての人達が私と同じような痛み・原因・治療法・予防法・完治の解釈の仕方などが
違うのは当然です。

なので、当サイトを閲覧する場合はあくまでも参考程度にすることを前提とした上で
見るようにお願いします。私は医者でも医師でもありませんから当サイトで紹介している
痛風に関する全ての情報の正確性の保証はできません。

また、痛風以外の病気についての情報は、私が体験したもの、あるいは知人から得た情報
たくさんの参考資料を見た上での情報を引用して紹介しております。

ですから、こちらも私個人が勝手に解釈したものですから、
正確性を完全に保証することはできません。
従って、このサイトをご覧いただき、その後何らかのトラブルや不利益・損害が発生しても
当サイトでは一切の責任を負いませんので、あくまでも自己責任でご覧下さい。
宜しくお願いします。。。。。。。。

スポンサードリンク

 

☆☆ おすすめリンク集 ☆☆

☆ 生活習慣病関連
 〇 生活習慣病リンク集
 〇 痛風リンク集
 〇 糖尿病リンク集
 〇 高血圧リンク集
 〇 腎臓病リンク集
 〇 心臓病リンク集

☆ 健康関連
 〇 健康リンク集
 〇 健康食品
 〇 美容・サプリメント集
 〇 ダイエットリンク集

☆ 病気関連
 〇 病気全般

 

PR スピーチをスピーディーに話す
PR 最旬スポーツトレンド